小説置場

PTSDになるに至って、

トラウマを克服するために書いていたのが、

小説 人生です。

 

夢に見て面白いと思った内容から書いたものが、

小説 夢現です。

 

何となく思いついた内容を、

不思議な方向に捻って書いたものが、

小説 幻影です。

 

断片集はごく、短い小説です。

夢現幻影があります。

 

その他、色々、小説を書いています。

 

それでは、

ある程度、覚悟してから読んでください。