セカイに潰されないように

此処は私の胎内。

生涯、続く責め苦の中で、私は無意味にも足掻き続ける。

死なないことが、生きることなら、

せめて、私は―――

――血のように、紅く、咲こう…。